分け入つても 分け入つても 青い山

分け入つても 分け入つても 青い山

野球馬鹿


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森脇浩司のOne

Category: バファローズ   Tags: ---
その事実を知った時は、強く唇を噛みしめました。

下唇が赤紫に変色したままです。

何も思うことなく、ただただ悔しい。

その時は「森脇監督が辞める」事実しか知らなかった。

正確には、「森脇さん、クビ」と聞かされていました。

仕事で頭いっぱい、その時は休憩中の

煙草を吸っていた時でしたが、詳細がどうのこうの

確認する余裕もありませんでした。

その後に腹立たしさが加わったのは、

監督自身から状況打開策としての休養を申し入れたことを

ニュースで知ってからでした。

「自ら逃げた」から腹立たしくなったのではなく、

そこまで追い詰められていた状況に対する腹立たしさ。

フト、前任の岡田さんのことを考える。

岡田さんが解任された直後の試合を観戦してました。

~蛆は腐った所だけを喰う~9月25日ホークス戦0-7

読み返すと、今と通ずるところがある。

最後に、組織はナマモノだから腐る、と書いています。

2012年の腐り方と今は中身が違いますし、選手個々が

変わらなくてはどうにもならないわけでもない。

何度もブログで書いてるのですが、「次」のための「今」であるし、

それを福良監督代行と共にどのように見せてくれるか。

大好きな歴史小説に『落花は枝に還らずとも』というものがあります。

実在した会津藩士・秋月悌次郎の物語で、タイトルの意味は

一度枝を離れた落花はその枝に還って咲くことは二度とできないが、

来年咲く花の種になることはできる、というもの。

強い森脇イズムというものは色濃くなかったと思います。

ただ、この人には「格」があったなぁと。

その「格」から漂うチームの色、それが褪せることなく、

選手たちは次を目指して戦ってもらいたいものです。

戦うことしか術のない生き方をしているのだから。

このブログを書くことでタイトルを付けた時、

似たようなもの書いていたこと思い出しました。

森脇監督の“One”

読み直すと、タイトルになっている曲がリンク切れしていました。

貼り直し、練習見学で撮った森脇さんの画像にOneの歌詞を載せておきます。

楽曲の良さを際立たせたいのでPVでなく、音源のみですが・・・



少しは落ち着いたのか?

それとも何も変わらない?

失望させてしまったかな?


DSC_3349s-cd.jpg

私たちはひとつ

だけど私たちは同じなんかじゃない

お互いを支え合い お互いを導く


DSC_3380s-cd.jpg

私たちは求め過ぎたの?

もっとって求め過ぎたの?

何も与えてはくれなかったのに

ひとつの愛

唯一の絆


DSC_3526s-cd.jpg

かけがえない人生

やるべき事をするだけ

お互いに生きる人生


DSC_3346s-cd.jpg

この人生

だけど私たちは同じなんかじゃない

DSC_3509s-cd.jpg

ひとつへ

ひとつへと向かって


150115_99.jpg

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
関連記事

テーマ : オリックスバファローズ    ジャンル : スポーツ
プロフィール

@T

Author:@T
雑多とした内容を適当に。
タイトルは、山頭火の俳句より。
【注意】
IEだといろいろ崩れるようです。


Archive Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。