分け入つても 分け入つても 青い山

分け入つても 分け入つても 青い山

野球馬鹿


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~Burn~4月28日イーグルス戦4-9

Category: 2015年Bs観戦記   Tags: ---
体調不良で西投手が登板回避。

どうなるマエストリ投手。

DSC_7610s-aa1.jpg

なんて危惧を微塵も持っていない自分が一塁側で観戦した理由は、山﨑選手です。

111.jpg

生で彼を観るのは、2年ぶり。

しかも平日なら開門は17時なのにこの日は16時だったこと、

そのおかげで守備・走塁・打撃練習をおもいっきり楽しめただけでなく

ベンチでの姿(これが見たいので一塁側観戦)、代走や守備固めとして出場。

画像だけを延々とアップするツイッターでいずれ好き放題にやると思いますが、

時間かけて選別してもこれだけの枚数がまだある始末w

yama_20150503211614c05.jpg

だからとこの観戦ブログは山﨑浩司という野球人に照準を合わしてはいません。

今回のブログの主役は別の選手です。

ただ、ツイッターのフォロワーさんから大量に頂いた山﨑画像を使用して

いずれ記事を書きます。

相変わらずの自己満足な展開でしかありませんが・・・

ライオンズでの春季キャンプB班スタート~A班合流~開幕一軍登録~

そして幾度となく繰り返される抹消と登録、術後イースタン戦復帰~

戦力外通告~イーグルスの秋季キャンプ参加という活字にしたら激動な時間だ。

さて、マエストリ投手。

DSC_7616s-aa1.jpg

失点2ですが、そこまで酷いとは思えなかった。

ただ・・・

DSC_7764s-aa1.jpg

相手投手がどーしょーもなく凄すぎた。

打てる気がしない。

DSC_7932s-aa1.jpg

そんな塩見投手のストレート、これはなかなか打てんわとびびりました。

DSC_7991s-aa1.jpg DSC_7997s-aa1.jpg

とくに右打者へのコントロールの良さ、息を呑むほどの美しい内角低めのストレート。

DSC_7972s-aa1.jpg

ちょっと驚いたのは、6回を投げきった時です。

DSC_8050s-aa1.jpg

1安打ピッチングの塩見投手に対し、大久保監督の握手が何を意味するのか判ります。

この時点で0-5、成す術のないBsなのに、妙な継投をするもんだなぁと思いました。

まぁ、そうなるとひょっとして・・・の期待感が出てくる。

7回裏、岡田選手がネクストに居ることで、周りのお客さんもザワつき始めました。

DSC_8067s-aa1.jpg

DSC_8089s-aa1.jpg

DSC_8094s-aa1.jpg DSC_8096s-aa1.jpg

結果は出ませんでしたが、この日登録された彼の存在感、やはり違うな、と。

DSC_8489s-aa1.jpg

9回裏、0-9から一気呵成には虚しすぎる4-9。

自分のこの時、ぼんやりと考えていたのが

DSC_8458s-aa1.jpg

9回表のこと

DSC_8143s-aa1.jpg

Bs投手陣ではもっとも好きであるから、イーグルスの山﨑選手を楽しもうという

気持ちが木っ端微塵に吹っ飛び、

DSC_8174s-aa1.jpg

シャッターぶっ壊れるかなと不安になるほど撮りまくりました。

DSC_8182s-aa1.jpg

彼の投じるタマを撮る毎に嘆息が漏れてもいましたが・・・

DSC_8299s-aa1.jpg

これを書いているのは、5/3の午後21時過ぎ。

DSC_8343s-aa1.jpg

はい、これまたとてつもない結果へ導いた岸田投手でありました。

DSC_8350s-aa1.jpg DSC_8355s-aa1.jpg

それでも待ちます。

彼の糸を引くような美しいストレートを。

DSC_8360s-aa1.jpg

ブログタイトルからして、だからと岸田投手がメインでありません。

ひょっとして、この日の観戦で一番の収穫は高木投手を観れたことかもしれない。

DSC_7794s-aa1.jpg

正直、どんな投手なのか、どれほどのものかサッパリ判りませんでした。

DSC_7798s-aa1.jpg

ツイッターのTLで「BANBANBAN」というログが何度も出たことありますし、

けっこうフォロワーさんの中で話題になっていました。

DSC_7895s-aa1.jpg

彼がそうなのか、ふーん・・・程度でしたが、投球練習で驚いた。

DSC_7801s-aa1.jpg

肘が柔らかいなぁ、しなやかなフォームだ、こりゃいいわー

DSC_7899s-aa1.jpg

自分が驚嘆としたのは3回表、走者1,3塁で登板した時のピッチング。

DSC_7902s-aa1.jpg

スライダーを連発していたと思います。

それをペーニャ選手は見極めている。

そのスライダーのキレ具合が素晴らしかったこと。

結果、ペーニャ選手はバット振ることすらできず見逃しの三振。

DSC_7832s-aa1.jpg

で、彼の名前は伴(ばん)。

なのですきな楽曲をブログタイトルにしているので



本当は「高木伴のBurn」という記事を書きたいくらいでしたが、

残念なことに登録抹消されました。

なかなかファームまで観に行く余裕ないので、この日の観戦ブログの締めとしました。

もっともたくさんの彼の投球を撮り、そしてこの目で見て、いつかまた駄文では

ありますが書くと思います。

それまでこの背中を待っておきます。

DSC_7933s-aa1.jpg

一軍ですぐにまた使われるはず。

DSC_7912s-aa1.jpg DSC_7913s-aa1.jpg

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
関連記事

テーマ : オリックスバファローズ    ジャンル : スポーツ
プロフィール

@T

Author:@T
雑多とした内容を適当に。
タイトルは、山頭火の俳句より。
【注意】
IEだといろいろ崩れるようです。


Archive Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。