分け入つても 分け入つても 青い山

分け入つても 分け入つても 青い山

野球馬鹿


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今季、ホーム初勝利で感じた「信じる」こと~中島選手と駿太選手~

Category: 2015年Bs観戦記   Tags: ---
劇的な勝利となった4/7のマリーンズ戦、拙いながらこの一枚を選ぶとしたら

試合開始直前のグータッチ。

DSC_1950s-aa1.jpg

この光景を見たから「今日はいける」なんてこと思いませんでした。

ただ、自分は彼らの情熱を信じるしかないし、たとえそれが裏切られた結果であろうと、

次に繋がる何かが垣間見えたらそれで十分。

まぁ、現状ではそんな悠長なこと言ってる場合でないのかもしれませんが・・・

生きる糧に、贔屓チームの勝利というギャンブル性高いものを第一としていません。

ともかく、この日の駿太選手は違ってました。

スタメンに選ばれた緊張感を払拭するような勢いでバットを振っている。

DSC_1921s-aa1.jpg

ベンチでも常にこうでした。

DSC_2471s-aa1.jpg

それを見ている竹原選手の優しい表情がたまらない。

DSC_2472s-aa1.jpg

注目したのが、この状況。

DSC_2639s-aa1.jpg DSC_2642s-aa1.jpg

DSC_2646s-aa1.jpg

今となっては写真より動画で撮ってる方が良かったかな、と思うほど。

DSC_2648s-aa1.jpg DSC_2650s-aa1.jpg

戦力は整っていてもチーム力がない、以前そう思っていました。

DSC_2655s-aa1.jpg

岡田さんが監督時代、「繋ぐ意識がないのではなく、認識していない」と辛辣に言い放ったり・・・

※この時の「繋ぐ」は攻撃中の意味です。

DSC_2656s-aa1.jpg DSC_2657s-aa1.jpg

DSC_2662s-aa1.jpg

今はそれらが欠けているとは思えない。

DSC_2664s-aa1.jpg DSC_2665s-aa1.jpg

中島選手のアドバイスが実った結果かどうかは判りませんが、

DSC_3153s-aa1.jpg DSC_3157s-aa1.jpg

これもまた選手間で繋いだ賜物だと思います。

DSC_3161s-aa1.jpg

中島選手は本当に嬉しかったのだろう、と。

DSC_3237s-aa1.jpg

DSC_3238s-aa1.jpg

信じることしか、ファンはできない。

そうは思わない人もいるんでしょうが、

DSC_3246s-aa1.jpg

信じることは何も試練なんかじゃないはず。

DSC_3248s-aa1.jpg

生業の選手がもっとも苦しいのですが、それを共有して信じることが、

格別の喜びになるんじゃないのかなと思います。

信じている方が生産性ありますし。

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
関連記事

テーマ : オリックスバファローズ    ジャンル : スポーツ
プロフィール

@T

Author:@T
雑多とした内容を適当に。
タイトルは、山頭火の俳句より。
【注意】
IEだといろいろ崩れるようです。


Archive Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。