分け入つても 分け入つても 青い山

分け入つても 分け入つても 青い山

野球馬鹿


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村紀洋選手の謝罪と吉田拓郎

Category: 野球   Tags: ---
ツイッター上でそれを知りました。

なんかノリが言うてる、と。

それを読み、「あ~、めんどくさいことになるぞ」と思ったとおり。

そして翌日には謝罪を載せる。

そりゃ、彼なりに思うところはいろいろあるんでしょう。

立場を考えりゃ、やったことの結果は自明の理。

「静けさに勝る強さはない」

この言葉を教えてくれたのは、高校時代の野球部監督。

その意味を18歳のクソガキが理解することもなく、

大学に入って、再度あの時の言葉を訊き返し「拓郎の歌よ、あれ」と教えてくれました。

CMでそれをカバーした女の子が歌ってます。



本家。



年いけばいくほど、饒舌になって得はないです。

解ってくれる人は、背中で伝わります。

解ってくれないなら、それまでのこと。

黙ることのつらさはあるけど、黙ることで自分が見える、世界が見える。

このチームのいらだちを

このチームのはかなさを

このチームの見る夢を

このチームに昇る陽を

静かに眺めていればいい

それだけでいい

(拓郎の〝Ronin〟という歌詞を引用し、〝国〟を〝チーム〟に変えました)

歌詞の冒頭では、こう歌われます。

あの女の柔肌に

あの女の黒髪に

あの女の唇に

あの女の囁きに

思いをはせていればいい

それだけでいい

女に抱かれる。

それも黙ることが持続する秘訣です。

女遊びの奨励してるだけ?

そうではなく、柔肌は男を鎮める効果があるんです。



にほんブログ村 野球ブログへ
関連記事

テーマ : プロ野球    ジャンル : スポーツ
プロフィール

@T

Author:@T
雑多とした内容を適当に。
タイトルは、山頭火の俳句より。
【注意】
IEだといろいろ崩れるようです。


Archive Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。