分け入つても 分け入つても 青い山

分け入つても 分け入つても 青い山

野球馬鹿


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球ファン

Category: 野球   Tags: ---
一言二言とまでいきませんし、わざわざブログに残すこともないのですが...

アカウントを二つ持っているTwitterはただ自己満足の画像垂れ流しなので、

ブログ起こしてみました。

このブログも今季の観戦で終了し、たまにはTwitterで野球のこと呟くかもしれません。

女子マネージャーが甲子園で練習どうたらこうたら...というニュースなんですが、

なんかもう失笑でしかありません。

自分も微力ながら、母校の指導に入っています。

そこでつくづく感じたことは、高校野球を取り囲む世界は

まさに権謀術数である、と。

そしてその構造そのものが腐ってるとまではいいませんが、

時代遅れの異常なまでに神聖化された雰囲気。

ここをこのように変わってほしいとか、今の状況がどうとか何も思わない。

おそらく、何も変わらないかもしれません。

どうでもいい。

さて、集客のため様々な手を尽くしているプロ野球。

結果、なんだかめんどくさい人が増えた。

と、自分は感じています。

ショービジネスなんだから致し方がないのでしょう。

高校野球は教育という観点から...ああ、やはりやめておきます。

一つを許せば、歯止め効かなくなる恐れもあるのでしょう。

ただ、野球ファンを下手すると減らす結果だってあるかもしれない。

その野球ファンを増やす目的にショービズより、

純粋に野球だけを楽しむ駆け引きと対峙。

イチロー選手。大谷投手の二刀流。

もう、マンガの世界でしか現れなかったキャラクターが現実のグラウンドに居る喜び。

女子プロ野球という世界がありますが、自分が生きているあいだに

リアル水原勇気が観たいです。

20歳そこそこの女の子が前年のホームランキングを空振り三振に仕留める。

ひょっとして50年後、100年後に現実化されるかもしれない。


野球狂の詩 ~ 勇気のテーマ 投稿者 retudou

にほんブログ村 野球ブログ 野球選手応援へ

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : プロ野球    ジャンル : スポーツ
この日、松葉投手はプロ入り初の完投勝利。

Twitterでは勝利した瞬間は勿論のこと、いろんな画像をアップしました。

しかしこの観戦ブログはBsに一切触れない暴挙ですw

いや、最後に一人だけ重要な選手の画像を貼ります。

実はこの日、もっとも注目していたのは森選手でした。

DSC_3304s-fc11.jpg

自分は彼が捕手をしているのを観るのが初めてなんです。

DSC_3351s-fc11.jpg

高校時代の彼の存在は知っていても、1試合も観てませんでした。

DSC_3358s-fc11.jpg

Bsの選手に照準合しているようで、

DSC_3371s-fc11.jpg

気持ちは森選手の一挙手一投足を気に掛けていました。

DSC_3396s-fc11.jpg

判ったことは経験不足。

DSC_3521s-fc11.jpg

ただ、それだけ。

質あるのだから、経験が彼を強く太くさせると思いました。

DSC_3778s-fc11.jpg

洗髪の高橋投手のストレートが抜けてまともなビッチングにならず、これは経験がないに等しい

彼には過酷でありつつも勉強になる状況だな、と。

やたら上から目線のような表現ですが、ボーイズリーグから大学まで捕手をして、

今は母校で指導の手伝いをしたりもしているのでどうしても目線は捕手もしくはバッテリーに向きます。

捕手はその次をめまぐるしく頭の中で展開し、分析していくのが仕事です。

大きいのか小さいのかといったファールの質を瞬時に考えるのは常ですし、

タイミング狂わせて空振りさしたらその先どうするかは重要。

そしてその先の読みを感じ取る野手の微妙な移動確認と指示。

ストライクゾーンから見て、打たれた場所、打たれなかった場所も重要。

打たれたらそれは長打なのか単打か。

打球はゴロだったかライナーか。

イニング数、得点差、アウトカウント、ボールカウント、打順。

高校時代とは世界が違う。

DSC_3426s-fc11.jpg

この日、自分はこの時が来るのを待ち続けていた瞬間がありました。

打席に入る直前の森選手とそれを立って見ている若月選手。

DSC_3258as-fd.jpg

次世代の侍JAPAN捕手のツーショット。

自己満足ですが、随分としびれました。

野球と音楽を掛け合わせているのがこのブログですが、もともと音楽あっての生活であります。

そしてこの時の森選手を観ててピンときたのがこの曲です。



にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

関連記事
テーマ : オリックスバファローズ    ジャンル : スポーツ
野球観戦とは自分の世界観とかけ離れた非現実的な世界。

だからテンション上がるに決まっています。

加えて、その状況が「たまらない」の連続であるのなら...

三塁側で観戦でしたが、ブルペンでの姿を撮りたいため通路へ移動してその時を待ち、

DSC_913 (2)s-fc11

試合開始となれば、

DSC_9847(2)s-fc11.jpg

しなやかでありながらも鋼のような肢体と可動域に魅せられ、

DSC_9750(2)s-fc11.jpg

何かといろいろ言われている彼がブルペンに現れた時の気迫に満ちた顔を見て、

DSC_9205(2)s-fc11.jpg

観戦する位置から二遊間の動きが面白いほど確認できて、

DSC_0349(2)s-fc11.jpg

それはもう楽しくてしょうがなく、

DSC_236 (2)s-fc11

打者でもっとも贔屓とする彼を撮れて、

DSC_014 (3)s-fc11

結末の劇的さに歓喜して、

DSC_261 (2)s-fc11

ヒーローの姿を間近で見て、

DSC_277 (2)s-fc11

これら全てがテンションMAXでTwitterにも垂れ流しました。

けれど自分が撮ってそれを見直して、一番気に入ったのがBs選手ではなく...

DSC_9600(2)s-fc11.jpg

この時の唐川投手でありました。

金子投手は素晴らしかった。

けれど、この時の西日に当たりながら若干苦悶しつつ息を整えている彼の姿がたまらなかった。

まぁ、テンション上がる心地好い時間はどれも変わりありません。

まるでこの曲を聴いている時のように。


安室奈美恵 // ROCK U (from LIVE STYLE 2011) 投稿者 ayuminamieworld

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

関連記事
テーマ : オリックスバファローズ    ジャンル : スポーツ
プロフィール

@T

Author:@T
雑多とした内容を適当に。
タイトルは、山頭火の俳句より。
【注意】
IEだといろいろ崩れるようです。


Archive Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。