分け入つても 分け入つても 青い山

分け入つても 分け入つても 青い山

野球馬鹿


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日の試合展開を何も憶えていません。

DSC_7004s-e1.jpg

想像以上に視界の良かった席で、

DSC_7108s-e1.jpg

ただひたすらに好きな選手にレンズを向け、

DSC_7147s-e1.jpg

撮るというより、シャッター押したままだったという方が正しいかもしれない。

DSC_7245s-e1.jpg

好きな選手のプレーが手を伸ばせば届くような距離で、

DSC_8917s-e1.jpg

その内容を全く記憶になくとも、強烈な印象を残したことが起きました。

DSC_8134s-e1.jpg

中島選手が満面笑みであることからレンズを向けましたが、その先に何があるのか判りませんでした。

DSC_6837s-e1.jpg

一瞬でその笑みの意味を理解する。

DSC_6840s-e1.jpg

思うように生きている人などいない。

野球選手も現状に満足しているなんて少ないはず。

しかし彼らは、消去法でこの場所にいるのではない。

多くの人は妥協から今がある。

好きなことを生業にしている苦悩はあると思います。

紆余曲折。

DSC_6842s-e1.jpg

打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、

膝頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間。

その空間とは、ストライクゾーン。

そこに凝縮された紆余曲折。

DSC_6844s-e1.jpg

何を思い何を語り何を感じたか、それはただの推測という妄想の自己満足でしかありません。

DSC_6845s-e1.jpg

2人は握った手をなかな離そうとしませんでした。

ブログタイトルの曲です。



本当は自分の稚拙な駄文を並べるより、この歌詞を記したいのですが、

著作権がどうのとうるさいのでほんの一部を。

興奮と失意

過ちと償い

栄光と挫折

DSC_6847s-e1.jpg

川端選手と駿太選手が2人を神妙に見ていたので、世界に通じるこの2人には

何か響いたのかもしれません。

DSC_6853s-e1.jpg

頑張るのも自分。

諦めるのも自分。

自分の人生において責任をとるのは常に自分。

それが華やかなグラウンドの光と影。

DSC_6848s-e1.jpg

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : オリックスバファローズ    ジャンル : スポーツ
月間MVPに輝いた安達選手をメインで撮ろうと決め、

練習見学でその安達選手の姿が見えないという知らせを知り合いから受けてうな垂れる。

が、姿を確認してテンション上がる上がる。

DSC_4613s-e1.jpg

ということで、この日はこんなに撮った記憶はないというほどという安達選手をカメラで追いました。

しかし試合の見せ場は安達選手でなかった。

9回裏1-3。

1死で一塁走者安達選手、打席にT-岡田選手。

自分はネクストに目を瞠る。

DSC_6507s-e1.jpg

T-岡田選手のタイムリーツーベースで1点差。

DSC_6513s-e1.jpg

代打が告げられ、

DSC_6547s-e1.jpg

歓声が湧く。

DSC_6563s-e1.jpg

自然とカメラ構える手に力が入り、喉の渇きを覚える緊張感。

DSC_6602s-e1.jpg

代走の縞田選手が還れば、同点。

この千載 一遇の好機が結果的にあのハーフスイングの判定だったのでしょう。

DSC_6611s-e1.jpg

ただの憶測でしかありませんが、

DSC_6636s-e1.jpg

やることは一つ、その川端選手の意思を

DSC_6657s-e1.jpg

翻弄していたのがマリーンズの益田-田村バッテリーでした。

DSC_6672s-e1.jpg

抑えるという気概ではなく、向かっていく川端選手の気持ちをマイナスへ誘う策。

そのように、自分の目には映りました。

DSC_6678s-e1.jpg

漲るパワーを押し出して、

DSC_6684s-e1.jpg

瞬時に止めてバットを引く。

しかし自分は完全にスイングしたと確信。

DSC_6685s-e1.jpg

何故なら、贔屓にしている選手だからです。

三塁側で観戦してましたが、周りにBsファンは多い。

DSC_6687s-e1.jpg

判定に不満タラタラでした。

「推しに恥かかさんといてくれ」という声に、もっとも恥じるべきは見逃し三振で終わることでは?

推し量れば、あれはスイングしたと容易に判るような気もします。

ハーフスイングに関して手首が返ったとかヘッドが回ってるというのもありますが、定義の根拠はなく、

打者に打つ意志があったかなかったかその一点です。

DSC_6692s-e1.jpg

益田投手のスライダーは冴えていました。

チャンスをモノに出来なかったとしても、それに挑みスイングした。

自分はそれが嬉しかった。

DSC_6695s-e1.jpg

綺麗事だと思います。

結果が全て。

しかし結果に繋がる過程も大事。

立ち向かうこと、それは強気にして積極的な気持ちです。

ほんの一瞬の間に恐怖や不安が生じ、迷いすら出てくる。

それを払拭する、打ち返す意思。

田村選手がどこまでその気持ちを読んでいたのか判りませんが、

打とうとする意志を弄んだのかもしれない。

それもまた野球を観る醍醐味。

呆然と立ち尽くす敗者。

DSC_6696s-e1.jpg

最大の名誉とは、決して倒れないことではない。倒れるたびに起き上がる事である。

孔子の言葉です。

DSC_6708s-e1.jpg

球場を出て、煙草の煙をぼんやり見ながら聴いていました。



不撓不屈だからこそ、この敗者の姿が美しいと贔屓だからこそ感じた夜でありました。

DSC_6728s-e1.jpg

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

関連記事
テーマ : オリックスバファローズ    ジャンル : スポーツ

野球ファン

Category: 野球   Tags: ---
一言二言とまでいきませんし、わざわざブログに残すこともないのですが...

アカウントを二つ持っているTwitterはただ自己満足の画像垂れ流しなので、

ブログ起こしてみました。

このブログも今季の観戦で終了し、たまにはTwitterで野球のこと呟くかもしれません。

女子マネージャーが甲子園で練習どうたらこうたら...というニュースなんですが、

なんかもう失笑でしかありません。

自分も微力ながら、母校の指導に入っています。

そこでつくづく感じたことは、高校野球を取り囲む世界は

まさに権謀術数である、と。

そしてその構造そのものが腐ってるとまではいいませんが、

時代遅れの異常なまでに神聖化された雰囲気。

ここをこのように変わってほしいとか、今の状況がどうとか何も思わない。

おそらく、何も変わらないかもしれません。

どうでもいい。

さて、集客のため様々な手を尽くしているプロ野球。

結果、なんだかめんどくさい人が増えた。

と、自分は感じています。

ショービジネスなんだから致し方がないのでしょう。

高校野球は教育という観点から...ああ、やはりやめておきます。

一つを許せば、歯止め効かなくなる恐れもあるのでしょう。

ただ、野球ファンを下手すると減らす結果だってあるかもしれない。

その野球ファンを増やす目的にショービズより、

純粋に野球だけを楽しむ駆け引きと対峙。

イチロー選手。大谷投手の二刀流。

もう、マンガの世界でしか現れなかったキャラクターが現実のグラウンドに居る喜び。

女子プロ野球という世界がありますが、自分が生きているあいだに

リアル水原勇気が観たいです。

20歳そこそこの女の子が前年のホームランキングを空振り三振に仕留める。

ひょっとして50年後、100年後に現実化されるかもしれない。


野球狂の詩 ~ 勇気のテーマ 投稿者 retudou

にほんブログ村 野球ブログ 野球選手応援へ

関連記事
テーマ : プロ野球    ジャンル : スポーツ
プロフィール

@T

Author:@T
雑多とした内容を適当に。
タイトルは、山頭火の俳句より。
【注意】
IEだといろいろ崩れるようです。


Archive Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。